作家プロフィール

曽野綾子

(その あやこ)1931年(昭和6年)9月17日 、東京都生まれ。小説家、エッセイスト。

聖心女子大学文学部英文科卒。1979年ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。
1993年恩賜賞・日本芸術院賞受賞。2003年に文化功労者に選ばれる。2012年第60回菊池寛賞を受賞。1995年から2005年まで日本財団会長。1972年からNGO活動「海外邦人宣教者活動援助後援会」を始めて、2012年まで代表を務めた。主な著書に『神の汚れた手』『哀歌』『アバノの再会』(以上、小説)、『人間の基本』『老いの才覚『人間にとって成熟とは何か』(以上、エッセイ)などがある。

P+D BOOKSの作品

高度成長期の“家族の崩壊”を描いた問題作

虚構の家

曽野綾子

くわしくはこちらから

戦犯として処刑された弟の“生と死の意味”

地を潤すもの

曽野綾子

くわしくはこちらから
TOP